So-net無料ブログ作成
検索選択

押尾被告、3月5日に公判前整理手続き(産経新聞)

 一緒に合成麻薬MDMAを服用した女性が異変を起こしたにもかかわらず、救命措置をせずに死亡させたなどとして、保護責任者遺棄致死罪などで起訴された元俳優の押尾学被告(31)について、東京地裁(山口裕之裁判長)は29日、第1回公判前整理手続きの期日を3月5日に指定した。事件は裁判員裁判の対象。裁判員裁判では必ず、争点を絞り込む同手続きが行われる。

 起訴状などによると、押尾被告は昨年8月2日午後5時50分ごろ、東京都港区の六本木ヒルズの一室で、MDMAを服用した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=がけいれんを伴う錯乱状態に陥ったにもかかわらず、救急車を要請せずに放置し、同日午後6時50分ごろに田中さんを急性MDMA中毒で死亡させたとされる。

【関連記事】
押尾被告弁護人、公判で無罪主張の方針
押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に
押尾容疑者、薬物逮捕から伝わる命の重さは…
押尾事件の舞台も? “事故物件”紹介する不動産サイト 
押尾容疑者「ダメだと思って救急車呼ばなかった」 10日間の拘置延長

首相動静(1月27日)(時事通信)
「誰でもやじりたくなる」=亀井氏、野党批判に反論(時事通信)
第2次補正予算が成立(医療介護CBニュース)
【単刀直言】塩川正十郎元財務相 「小沢支配」は危ない(産経新聞)
普天間の海外移設、軍の機動性に影響…米駐日大使(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。