So-net無料ブログ作成

11年度以降は拒否=子ども手当の地方負担−知事会議(時事通信)

 全国知事会議が21日、東京都内で開かれ、2010年度政府予算案の取り扱いなどを議論した。今年6月から支給される子ども手当の財源の一部を地方が負担することについては、「(国の)一方的な決定は残念」(平井伸治鳥取県知事)などと批判が続出。11年度以降の地方負担を拒否することで一致した。
 政府は子ども手当の地方負担を「10年度限りの暫定措置」と位置付け、11年度以降の取り扱いは今後の検討課題としている。麻生渡知事会長(福岡県知事)は終了後の記者会見で、「子ども手当のような直接給付に、地方は金を出さない基本スタンスで臨みたい」と述べ、5、6月ごろから厚生労働省と協議に入る考えを示した。 

【関連ニュース】
子ども手当で6団体に要請へ=地方負担「謝罪」も
普天間移設「知事会で議論を」=橋下大阪知事
国出先事務の7割地方に=知事会「仕分け」中間報告
子ども手当事務ボイコットも=一部財源負担に反発
「診療報酬プラス改定を」=長妻厚労相と初の意見交換

<訃報>小紫芳夫さん82歳=前臓器移植ネットワーク会長(毎日新聞)
ハイチ大地震 インド洋津波、阪神大震災の遺児が街頭募金(毎日新聞)
寒さで?レール破断、JR千歳線2時間不通(読売新聞)
<部分日食>日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
<ハイチ大地震>日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。